いい汗と悪い汗

汗には、いい汗と悪い汗があります。
いい汗と悪い汗とは、どんな汗でしょうか?

まず、いい汗とはさらさらをした汗のことです。
ベタつきのない、
さらっとした汗で皮膚への影響も少ないです。

一方、悪い汗とは、ベタベタをした汗のことです。
体の中の老廃物や皮脂をたくさん含んだ汗で、この悪い汗をかくと皮膚で細菌が繁殖をしやすく、
肌荒れやニキビの原因となります。

つまり、さらっとした汗がいい汗で、ベタベタした汗が悪い汗というわけですが、
いい汗をかくにはどうしたらいいのでしょうか?
いい汗をかくには、こまめに汗をかくようにするのがポイントです。
日常的に運動をするようにして、汗をどんどんかくようにしましょう。
また、クーラーをつけっぱなしにした環境にいるのはいけません。
自律神経が乱れますし、代謝がぐっと下がってしまうからです。

汗をあまりかいていないなと思ったら、運動をするようにしましょう。
暖かいお風呂に入って、ゆっくりと湯船に入るのもおすすめです。
シャワーだけでは、体が温まりません。
ゆっくりと湯船に使って汗をたくさんかきましょう。