おでこニキビの原因

おでこニキビの原因は、思春期に多いニキビですが、
もちろん大人にもできます。

思春期にできるおでこのニキビには、
皮脂の分泌が原因であることがほとんどです。

思春期には、ホルモンバランスが大きく変化します。
このホルモンバランスの変化によって、皮脂が過剰に分泌され、
毛穴が詰まってしまい、ニキビとなってしまうのです。

おでこにできる大人ニキビの原因は、ストレスや疲労などが多いです。
さらに、おでこにできる大人ニキビの原因に多いのが乾燥です。
20代や30代になると、10代の時と比べて、がくっと水分量が減少します。
水分量が減った肌に、10代の頃と同じスキンケアをしていては、
保湿が足りずに、肌は乾燥状態になってしまいます。
この乾燥状態が、おでこにできる大人ニキビになってしまうのです。

さらに、思春期ニキビと大人ニキビに共通した原因となっているのは、
シャンプーやコンディショナーの流し残しがあります。

シャンプーやコンディショナーが残っていると、細菌が繁殖し、ニキビができやすくなります。
洗顔料も残ることが多いので、気をつけましょう。