体重と女性ホルモンの関係

体重と女性ホルモンには、深い関係があります。
体重管理には、欠かせないポイントです。

ダイエットをしていますか?
ダイエット中は、体重計に乗る機会も増えますが、
体重を見ては一喜一憂を繰り返してはいませんか?
女性は、女性ホルモンの関係で、1ヶ月で体重が変化するので、体重が増えてしまうのは仕方がないときもあるのです。

まず、生理前は体重が増加しやすくなります。
生理前は、黄体ホルモンが分泌されるために、体内に水分と塩分を溜め込みやすくなります。
黄体ホルモンには、水分を溜め込む性質があるためです。

もちろん、生理来ると黄体ホルモンの分泌が減りますので、体重も元に戻ります。
生理が終わった後の時期は、体内に溜まった水分は排出されますし、痩せやすい時期に入ります。

女性ホルモンである黄体ホルモンの関係で、
1ヶ月で3キロ以上体重が変化する人も少なくありません。
体重計に乗るたびに、「500gも増えてしまった!」などと一喜一憂していては、
ストレスが溜まってしまいます。
ストレスは、美容にも悪いですし、あまり深く考えないようにしましょう!