女性ホルモンと肌トラブル!

女性ホルモンには2つの種類があります。
肌コンディションと関係が深いホルモンですね。

女性には、生理があり、
女性ホルモンが大きく関わっています。
女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。

卵胞ホルモンは、肌コンディションを上げてくれるホルモンで、いわゆる美肌ホルモンですね。
卵胞ホルモンは、生理後に分泌が増え、ハリやツヤのある肌づくりを促してくれます。

たいして、黄体ホルモンは、妊娠のための体作りを促してくれるホルモンです。
生理にむかって増加していくホルモンです。
黄体ホルモンが多いと、体内に水分を溜めやすくなり、むくみの原因となります。

生理中は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方の分泌が少ないために、
肌荒れや肌トラブルが起こりやすい傾向にあります。

女性が美肌をキープするには、卵胞ホルモンの分泌が多いときに、
いかに肌の手入れをしておくかがポイントです。

卵胞ホルモンが多く分泌している時には、肌が安定しているので、パックを試したり、
新しいコスメを試すのに絶好な時期です。
お肌をきれいに保つためには、黄体ホルモンが多い、生理後に積極的なケアをするのがポイントです。