日焼け止めの種類

紫外線から肌を守るためには、日焼け止めを使いましょう。
日焼け止めには、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2つがあります。

まず、紫外線散乱剤は、紫外線を反射させたり、
散乱することで、肌を紫外線から守ります。

紫外線散乱剤の大きな特徴は、肌へのダメージが少ないことです。
肌に負担がかかりにくいので、赤ちゃんや敏感肌の人でも使うことができます。

一方、紫外線吸収剤は、肌の表面で紫外線を吸収して、肌を守ります。
その効果が紫外線散乱剤と比べて圧倒的です。
ですから、海や山などのレジャーに大活躍です。
今までは、紫外線吸収剤は、効果があるけれど、肌への負担が大きいイメージを持ち
使うのを嫌がっていた人もいました。
しかし、最近では研究が進められ、肌への負担を軽減する工夫がされています。

紫外散乱剤と紫外線吸収剤は、用途によって使い分けるとよいでしょう。
日常生活では、肌への負担が少ない紫外線散乱剤を使い、海など紫外線の強いところへ行くシーンでは、効果の高い紫外線吸収剤を使ってはどうでしょうか?

それぞれの日焼け止めの特徴を知り、使い分けるといいですね。