日焼け止めのSPFについて

日焼け止めを購入するときは、何をポイントにしていますか?
SPFやPAは、気にしていますか?

日焼け止めに買うときには、パッケージのSPFの表示に注目をしてみましょう。
まず、SPFですが、これは紫外線をカットしてくれる効果を
表しています。
例えば、SPF30と書いてあったとします。
それは、何も塗らない状態と比べて30倍の時間、
日焼けが始まる時間が延ばしてくれるという意味です。
日焼け止めを塗らなければ、20分で日焼けが始まりますが、SPF30の日焼け止めを塗れば、
20分の30倍の時間、日焼けが始まる時間を延ばしてくれます。
20分の30倍は、600分、つまり10時間ですね。

普段の生活でしから、SPF30程度のもので十分です。
しかし、汗をかいた時や化粧直しの時に日焼け止めをこまめに塗りなおすようにしましょう。
3時間を目安に、塗りなおすといいでしょう。
塗りなおすときは、肌に塗りこむのではなく、肌表面をコーディングするように塗りましょう。

こまめに塗りなおす暇がないという人は、SPF30以上のものを選ぶといいでしょう。