梅パックを手作りする!

梅は、美容にいい食品です。
そんな梅でパックを手作りしましょう!

梅は、アンチエイジングや保湿効果があるので、
パックぴったりです。

梅パックは、簡単に手作りできますし、
冷凍すると長期保管が可能です。

まず、青梅を10個ほど準備しましょう。
それらを綺麗に洗って、耐熱容器にうつして、水をひたひたみなるくらいまで加え、
電子レンジで5分間加熱します。
梅干しを取り出し、残った水は化粧水として使いましょう。

さて、取り出した梅干しを水と一緒に鍋で30分ほど煮て、青梅から種を取り除き、
梅肉をつぶします。
このつぶした梅肉を顔にのせて、15分から20分ほど置きます。
最後に、顔をぬるま湯か水で洗い流して完成です。

青梅は、保湿効果もありますし、殺菌力も強いので、ニキビ対策にももってこいです。
作った青梅パックは、冷凍しておけば、1年程度の長期保管が可能です。
梅の旬には、スーパーなどで青梅が売られるので、多めに作って、冷凍庫で保管しておきましょう。
お肌の乾燥が気になるときに、パックをすると、お肌がふっくらとしますよ。