温泉で美肌になろう!

きれいになれる温泉とは、どんな温泉でしょうか?
温泉は、どれでも同じではありません。

日本には、数え切れないくらいたくさんの温泉が
ありますね。
温泉に行けばきれいになれるとイメージする人も多く、
最近では、温泉に行く若い女性が増えてきましたね。

しかし、どんな温泉に入ってもきれいになれるというわけではありません。
自分に合った泉質の温泉を選ぶことが大切なのです。
もし、自分と合わない泉質の温泉に入った場合、肌にかゆみを感じたり、赤くなったり、ヒリヒリと刺激を感じることもあるので注意が必要です。

きれいになるために温泉に入るときは、弱アルカリ性の温泉が一般的に合う人が多いので
おすすめです。

弱アルカリ性の温泉は、Ph7.5からPh8.5で、無色透明です。
肌への負担も少なく、入りやすいのが特徴です。
肌にある皮脂や毛穴に詰まった角質を柔らかくしたり、溶かしてくれる働きがあります。

この弱アルカリ性の温泉に入ると、ぬるぬるとした感触ありますが、乾くとさらっとします。
お肌の角質がとれて、柔らかいすべすべの肌になるのでおすすめですよ。