生理前の肌トラブルの症状は?

生理前は、肌トラブルが起こりやすくなります。
その原因や症状はどんなものでしょうか?

生理前は、黄体ホルモンの分泌が増加するので、肌トラブルが起こりやすくなります。
具体的には、肌の油分が増えて、オイリー肌になります。
すると、ニキビや肌荒れが起こりやすくなるのです。

また、紫外線の影響を受けやすくなっているので、この時期に日焼けをするとシミやそばかすに発展しやすくなります。

さらには、体内に水分を溜め込みやすくなり、むくみが出てきます。
むくみは、血行が悪くなり、代謝が落ちます。
体内に老廃物を溜め込んでしまい、肌トラブルができるだけでなく、気分も悪くなりますね。

このように、生理前は黄体ホルモンの増加により、肌トラブルが多くなります。
バリア機能も弱くなっているので、いつもでは予想しない肌トラブルが起きることがあるので、
新しいコスメを使い始めたり、寝不足になるなどが大きなダメージとなりますので注意をしましょう。

この時期は、洗顔もホイップ状の泡で優しく行い、出来る限り低刺激のコスメでケアをしたり、
疲れをためないようにして肌トラブルを回避しましょう!