肌の赤みを抑えよう!

乾燥による肌の赤みを抑える方法は?
間違ったスキンケアをしてみませんか?

頬やTゾーンに赤みはありませんか?
それは、肌の乾燥による赤みかもしれません。
乾燥による肌の赤みの原因は、肌への摩擦にあります。
肌が乾燥していると、肌表面のバリア機能ががくっと低下してしまい、肌への摩擦が大きな外レスとなってしまうのです。

肌の摩擦を最小限に抑えるためには、スキンケアの方法を見直しましょう。
まず、洗顔ですがこすぎすぎないようにやさしく行うのがポイントです。
肌の水分や油分が奪われるのを防ぐために、お湯で顔を洗わないようにもしましょう。
ぬるま湯か冷水で洗うのが理想的です。

そして、体や顔を温めておくのも大切です。
体が冷えていると血行が悪く、赤みが出やすくなるからです。
冷たい食品は避け、しょうがなど体の温まる食品を積極的に摂るといいですね。

また、油分を摂ることも忘れてはいけません。
女性は油分を嫌がりますが、生のオリーブオイルをスプーンに1杯ほど、毎日摂るようにすると体が燃えやすく代謝があがります。
肌のバリア機能もアップしますよ!