豆乳ローションの作り方をご紹介!

ムダ毛やニキビに効果のある豆乳ローション。
豆乳ローションの作り方をご紹介します!

手作り豆乳ローションの材料は、豆乳(100ml)とレモン(1/2個)、消毒用エタノール(20ml)です。
道具は、鍋とざる、ガーゼです。
ガーゼがない場合は、キッチンペーパー等で代用してください。

まず、レモン汁を絞りましょう。
次に、鍋に豆乳を入れて、弱火で温めます。
豆乳は焦げやすいので気をつけましょう。
豆乳が温まったら、レモン汁を入れて混ぜながらもう少し火にかけましょう。
しばらくすると、豆乳が分離し、ヨーグルト状になるので、火を止めましょう。

最後に、分離した豆乳をざるとガーゼを使ってこし、消毒用エタノールを加えてできあがりです。
うまくできた豆乳ローションは、透明感のあるレモン色をしています。

豆乳ローションを作るときにポイントは、豆乳を焦がさないようにすることです。
豆乳はとても焦げやすいので、火にかけるときは、弱火で常に鍋にくっついていないか、焦げてはいないかと注意して、ヘラなどで混ぜながら目を離さずに様子を見ていましょう。