頬ニキビの原因(ほほ・ほお)

頬にニキビができるのは、頬が乾燥していることが原因です。
しかし、頬ニキビの原因は、乾燥だけでないのです。

頬が乾燥している頬にニキビができやすくなるので、保湿効果のある化粧水などでスキンケアを行うことが大切です。
ところが、保湿のスキンケアをしていても頬ニキビが改善しないことがあります。
それは、生理不順や冷え性などです。
せっかく治ったと思ったら、また同じところにできてしまうニキビは、
この婦人系の症状からきていることがほとんどです。

スキンケアをしても、頬ニキビが改善しないときや頬ニキビを繰り返している時は、
生理不順や冷え性などを改善させることに重点をおきましょう。
婦人的な症状は、家庭での緩和も大切ですが、産婦人科で相談することが大切です。
なにか重要な病気が隠れていることもありますので、頬ニキビが気になる人は、
一度、産婦人科を1度受診してみましょう。

頬ニキビは、跡が残りやすいニキビです。
そんな跡が残りやすいニキビですので、繰り返さないようにしたいものです。
ニキビができてしまっても、手で触ったりしないことが大切です。